ちゃろちゃんの初めてのシャンプー体験☆
 子犬にとって初めてのことはとってもドキドキ、不安でいっぱいです

初めての経験の印象が後々の好き嫌いにもつながってくるので特に最初は慎重にしてあげます

いきなり見慣れない箱のようなものに入れられ、、、
いきなりお湯をジャーっとかけられ、、、
まして頭からいきなりだと・・・それはびっくりして水嫌いになってしまうこともあるんです。。。
だから初めてのことは慎重になのです


「ほんとドキドキするんだよ〜優しくしてね

「な、な、何するんですか〜〜〜〜!?」

もし子犬がびっくりして逃げようとした時、無理やり押さえつけると早速シャンプー嫌いになってしまうので、怖い思いをさせるような抑えではなく、、落ち着かせるように優しい気持ちで保定してあげます


水に対して特に怖がっているようであれば、いきなり体にジャァーっとかけるのではなく、まずは水を音を聞かせて、ゆっくり足元からかけてあげる。
例えばシンクの中でドッグフードをもらうことで、少し緊張が和らぐことだってあるんです

おもちゃが好きな子はおもちゃをパフパフ音を鳴らして楽しいモードを作ってあげても効果大

これってなんだか楽しい感じ〜〜〜

怖いとこじゃないって分かると、ちゃんと受け入れ態勢に変わっていきます
いきなり勢いよく水が顔にかかるとびっくりしてしまうので、水量を弱くしたり、ゆっくり撫でてあげるようにすると逆に気持ち良くなってうっとりしてくれるのです

「最初何が始まるのか・・・と思ったけど意外と気持ちよかったよ〜〜〜

シャンプーのあとは今度はドライングです。
高い台の上もちょっと怖いのですよ〜
ここでも台の上でドッグフードをあげます。
子犬は食べることで気が紛れることがあるので、食べている間にさりげなくドライヤーをONに。
いきなり強風をブォーーーーーッとはしません。
これでドライヤー嫌いになることもあるんですよ〜

音にビビってしまうようであれば、声をかけてあげたり、撫でてあげたり、フードをあげてみたり工夫することでドライヤーって悪くないじゃん!と印象が変わるわけです

これからシャンプー&ドライヤーとは長い付き合いになるわけなので、大っきらい!じゃなく楽しいなぁって思ってほしいのです
ちょっとのコツとちょっとの押し引きがポイントです〜


チャロちゃんフワフワ綺麗になりました〜



| doggarden | ワンポイント! | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://dog-garden.jugem.jp/trackback/2461