今月のパピークラス・お手入れ講座

今日はパピークラスとお手入れ講座の開催日!

 

始めはパピークラス!

かわいいダックスさんが参加してくれました!

ちょっと先輩犬のようちえん生達も参加(^^)/

 

04EC6A06-.jpg

 

まずは社会化を兼ねて床材を並べてみましたよ!

パピーの社会化とっとっても大切!

好奇心が旺盛で怖い物が少ない今の時期に

いろんな音・物・人・犬・環境・匂い・触り心地...

生活で出会うであろう全てのものに積極的に触れ合う機会を作ってあげましょう!

 

8532E814-.jpg

 

93C8DCF3-.jpg

 

気にせずに床材の上を歩いているのは気にしていない証拠!

逆に避けたり、匂いを嗅いだりして不振がっている時は、

ご褒美を使って「怖くないよ〜」と教えてあげましょう!

 

IMG_5504.JPG

 

DFDF71E5-.jpg

 

フリータイムをしながら床材のお勉強をした後は、

ちょっとドキドキと楽しさで興奮ぎみになってしまう物。

 

ご褒美を使って抱っこをし、膝の上でゆったりと身体をなでてあげましょう。

この時、ゆっくり深呼吸をして穏やかに撫でるのがポイント。

人間の穏やかな気持ちがわんちゃんにも伝わるんですよ〜♪

 

リラックスした後でもパピークラスは続いちゃいます(>_<)

 

今度は飼い主さん以外の人と触れ合うお勉強。

飼い主さん以外の人と触れ合う機会は沢山!

散歩であった人、病院の診察、トリミング、犬のようちえん、ペットホテル...。

そんなシチュエーションになった時も、なんだ人って安心じゃん!と思えるように練習です!

 

052234FE-.jpg

 

ご褒美をペロペロさせながら体を触ります!

診察やトリミングで知らない人が体を触る機会は沢山あります!

 

全身を触っていきましたよ!

獣医のように触る練習もして行きたいですね!

 

1時間でたくさんの事を学んでくれました〜♪

パピーさんは覚える事が沢山ですね!

お家でゆっくり休んでね!

 

 

パピークラスの後はお手入れ講座!

今日は「爪切り」と「肛門腺絞り」

 

2A6D2BFE-.jpg

 

爪切りはオテオカワリを使って練習!

オテをした後に手をきゅっと握る練習から!

爪切りは嫌な子がとても多いです。爪切りが嫌で手の先を握られる事も嫌になったという子も

沢山います。

まずは手を握って居ても大丈夫!な子にしましょう!

 

それが出来たらステップアップ!

爪切りの登場!

握った手に少しだけ爪切りを近づけます。

 

7603624D-.jpg

 

この時、「嫌だよ〜」と手を引いたり、爪切りを舐めたり、手を隠したりした時は

直ぐに手を離してあげましょう!

手を離した後に、もう一度、親じゃない場所から練習していきます!

 

嫌なサインを見逃さないのがポイント!

よく観察しましょう!

 

そして「人が緊張しないようにする」のもポイントです!

人の緊張は犬に伝わります。呼吸や汗をワンちゃんたちは感じ取っているのです!

 

笑顔で声をかけながら、呼吸をしながら練習していきましょう!

 

742707B6-.jpg

 

たっぷり水分補給の後は、肛門腺絞り!

肛門腺を絞る為には尻尾をぎゅっと持ち上げ投げればいけません。

 

今日はシッポを持ち上げる練習!

 

始めにしっぽの先まで触れるがチェックしましょう!

 

3DCBE047-.jpg

 

触れることに嫌なサインが出ていないなら

ご褒美をペロペロさせながらしっぽの付け根を軽く持ち上げます。

 

いきなり強い力でやらないように少しずつ練習していきましょうね!

 

肛門腺を絞る時は数秒しっぽをつかまれています。

しっぽを持ち上げている時間も伸ばしていけるとより肛門腺絞りに近い動作になります。

 

爪切りと肛門腺。

少しディープなお手入れを練習したので、ワンちゃんも飼い主さんも

終わった後は「ふぅぅ〜」と緊張がとけたよう( *´艸`)

 

6DB1E38E-.jpg

 

最後はこんなかわいい顔で見つめてきてくれました( ˘ω˘ )

 

お疲れ様でした☆彡

 

 

次回のパピークラスは8月27日(日)16時半〜

同日15時〜はパピーパーティ―もありますよ!

 

お手入れ講座は9月16日(土)11時半〜

予約時にやりたい内容をこそっと教えて頂ければもしかしたらその内容を練習するかも!?

 

ご予約お待ちしております〜(*´ω`*)

 

| doggarden | しつけ教室 | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://dog-garden.jugem.jp/trackback/8093